橋梁点検支援・損傷評価支援システム

ダウンロードする

【システム概要】

橋梁の点検データや写真を一括管理して、点検調書の出力にいたる点検業務を総合的に支援します。現場点検端末と連動した橋梁点検現場での損傷の記録、損傷の類似事例の参照による損傷判定作業の支援で一連の点検業務を効率化します。


◯現場点検端末
現地踏査や本点検で収集した損傷情報を写真と共に入力・蓄積し、日報や点検調書、現場写真集等の帳票を出力します。

◯旗揚げ図面編集機能
現場点検業務支援端末で入力した損傷情報や損傷スケッチを図面に取り込み、旗揚げ図形の入力・編集を行い損傷図を
作成します。

◯損傷評価支援機能
損傷評価支援機能は、蓄積されている膨大な橋梁点検データを画像類似性判定技術を活用することにより、過去の点検結果(画像・文字データ・損傷判定事例等)から類似事象参照することで、損傷評価(判定)作業の効率化と判定のバラつきの低減を支援します。

イメージ
イメージ

効果

1.自治体の管理効率UP
アセットマネジメントシステムと合わせて導入することにより、橋梁台帳と点検データの一括管理が可能。

2.コンサルの業務効率UP※※東北コンソーシアムでの実証結果です
損傷や劣化の判定作業(損傷の程度と重大性の把握、原因の特定)を行うにあたり、過去の損傷の判定事例を素早く検索できるため、損傷評価作業の効率化と技術者の育成に貢献。損傷判定の作業時間が約1割減少し、損傷評価のバラツキ精度も約2割向上。。

3.自治体・コンサルに対しさらなる効果が期待※一部は機能強化で対応
損傷評価システム+記録支援システム+アセットマネジメントシステムの連携により写真撮影から修繕計画の策定までが可能に。

橋梁の損傷評価支援システムの導入効果

橋梁点検支援端末(記録支援システム)の導入効果

提供する仕様および機能

特徴
・現場点検端末へ過去データをダウンロード
・現場端末で入力された点検結果をサーバーに取り込んで、追加・修正
・点検調書Excel出力機能
・損傷評価支援システムとの連動による損傷判定作業の効率化


基本システム  
サーバー
・Amazon クラウドサーバー(Linux)
クライアント
・ブラウザ:Internet Explorer 8.0以降、 Firefox 3.6以降、Safari 5.0以降

点検業務管理機能
・発注・業務管理
・橋梁緒元管理
・現地踏査管理、本点検管理
・損傷評価管理
・カルテ管理
・写真管理、図面管理

旗揚げ図面編集機能(オプション)
・図面に対して損傷部位に旗揚げ図形を配置

損傷評価支援機能(オプション)
・過去点検の典型的な事例をデータベース化
・類似事例の参照による損傷評価作業の効率化

帳票出力機能
・Excelフォーマットでの帳票出力

台帳DB・帳票カスタマイズ(オプション)
・橋梁管理事業体の独自フォーマットへの対応
・橋梁管理事業体指定の帳票形式への対応

橋梁緒元・点検データのデータベース化サービス
・他システムからのデータ移行サービス
・帳票ファイルまたは紙の帳票からのデータベース化

システム運用サービス
・クラウドサーバー運用管理サービス

ダウンロードする
体験版ダウンロード