現地点検業務支援端末

ダウンロードする

【システム概要】

現場点検業務支援端末は、橋梁を対象とした現場点検業務を支援します。

◯現場点検端末
携帯電話、スマートフォンよりディスプレイの大きいタブレット端末を利用しているため、図面が閲覧しやすく、また損傷部分のスケッチも記入しやすくなっています。砂埃や雨などの劣悪な環境でも使用可能な耐久雨性を確保しています。

◯点検結果入力機能
過去の点検データを参照しながら、損傷の種類やレベル、メモなどの点検結果を効率的に入力するための各種機能を提供しています。

◯スケッチ機能
ディスプレイに表示された図面上に、損傷状況のスケッチを簡単に記入することができます。

◯撮影ポイント支援機能
過去の点検写真と見比べながら、同じ場所(ポイント)で写真を撮影できるように支援します。

イメージ
イメージ

効果

1.現場点検作業の効率を約2割短縮※東北コンソーシアムでの実証結果です。
メニューなどから項目を選択するだけで、スムースに点検結果を入力可能。端末とカメラが連動しているため、撮影しながらどの写真を採用するかその場で簡単に洗濯が可能。

2.点検後作業後の日報作成・調書の作業時間を大幅短縮
日報作成や、調書に必要なデータは殆ど端末で入力されているため、点検後は軽微な修正だけで日報・調書の制作が可能。点検記録を直接入力するため、転記ミスを防止。

3.損傷種類・レベルなどの評価を支援
同じ箇所の過去の点検データの提供によって、点検時の損傷種類・レベルの判断を支援。

4.点検に必要な図面、書類をすべて格納
点検に必要な損傷図面や関連資料など、これまで紙で持ち歩いていた資料をすべて端末に格納

橋梁点検支援端末(記録支援システム)の導入効果

橋梁点検支援端末(記録支援システム)の導入効果

提供する仕様および機能

特徴
・タッチパネル操作で点検記録の入力が簡単
・過去の点検データ(損傷記録・写真など)を閲覧しながら、点検を実施することが可能
・損傷状況等をタッチペンで直接図面に描けるスケッチ機能
・過去の写真と比較しながら同じ位置から撮影を可能にする撮影ポイント支援機能
・サーバー上の図面・データをダウンロードしてすぐに点検が始められる。
現場では通信ができなくても点検作業が可能。点検結果はサーバーにアップロードして、編集や報告書の出力が可能

基本システム
・利用端末  
Panasonic タフパッド FZ-A1  
現場で安心の頑丈ボディ ・屋外でも見やすい画面
・現場点検業務支援アプリ  動作プラットホーム:Android4.0

点検結果入力機能
・損傷種別・損傷レベル選択、メモ入力機能
・該当する損傷箇所の写真の選択

過去点検結果閲覧機能
・過去に行った点検の損傷種別、損傷レベル、写真、メモなどの閲覧

スケッチ機能
・端末ディスプレイに表示された損傷図面上にタッチペンでスケッチ
・該当箇所を囲むだけで、漏水、剥離などの汎用的な損傷に対応した図形パターンを描画
・現場で気付いたことをメモに残すための手書きメモ機能

写真撮影機能
・端末のリアカメラ、外部のデジタルカメラに対応 ・外部デジタルカメラの写真は無線で端末に自動取込み

サーバー連携機能 ・サーバー(記録支援システム)の損傷図面、過去点検データなどのダウンロード
・点検結果(損傷種別、損傷レベル、メモ、写真など)のアップロード

ダウンロードする
体験版ダウンロード